So-net無料ブログ作成
検索選択

港北七福神めぐり [行事]

2日の今日は、港北七福神めぐりへ。
港北七福神.JPG

菊名池弁財天
弁財天.jpg
一般に弁財天は琵琶を持っていますが、ここの弁財天は右手に剣を、左手に玉を持っています。

蓮勝寺は毘沙門天
蓮勝寺の境内.jpg

東照寺は布袋尊
布袋尊.jpg

金蔵寺は寿老人
DPP_0001.JPG

興禅寺は福禄寿
福禄寿.jpg

西方寺は恵比寿大神
西方寺.jpg

そして、最後は大黒天の正覚院。
まわり切った達成感で写真撮影を忘れました。

電車でめぐった港北七福神。約5時間の七福神めぐりでした。















コメント(0) 

明けましておめでとうございます [行事]

新年おめでとうございます。
そして、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

まずは、我が家からの元旦の富士山です。
DPP_0001.JPG
今年は寝坊し、しかも、お雑煮を食べた後に撮影したので、10時半頃の富士山の様子です。
もう少し早く撮影すると、もっと澄んだ富士山を望むことができたかもしれません。

初詣は、いつものようにサッカー神社として、また、パワースポットでも有名な師岡熊野神社へ。
こちらは、サッカーお守りです。
DPP_0004.JPG
神社の社紋が三足鳥であり、サッカー協会公認の神社です。

そして、お正月といえば福袋
以前、カメラバッグを購入したビレッジバンガードへ。
このお店では、「不幸袋」という黒い袋も販売されていましたが、お正月から「不幸袋」と
いうのも恐ろしいので、福袋を買うことにしました。
3千円の福袋は、紐の色によって、いろいろな中身が用意されていましたが、
ブルーの紐の袋を選んでみました。
DPP_0002.JPG

開けてみると・・・・・
DPP_0003.JPG
案外真面目な福袋でした。
それにしても、あの不幸袋からは何が出てくるのでしょうか。

今年も、皆様にとって良い年でありますように・・・・・





コメント(0) 

パワースポット師岡熊野神社 [行事]

明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
初日の出はご覧になりましたでしょうか。
8階の我が家から見た今日、元日の富士山です。
1.jpg

いつものように、師岡熊野神社(大倉山駅より徒歩7分)へ初詣に行ってきました。
こちらの神社は、去年、2度ほど島田秀平さんにより、パワースポットとして
とりあげられたため、早朝にもかかわらず、例年に無く混んでいました。
2.jpg

師岡熊野神社の御社紋は三つ足鳥です。この鳥はヤタガラスとも言われ、
日本サッカー協会(JFA)のシンボルマークと同じため、
サッカーファンも数多く参拝に訪れます。
3.jpg
本殿前の翼殿には、1996年の日本代表ジーコジャパンのサイン入り巨大絵馬も
置かれています。

境内には、「い」の池、「の」の池、「ち」の池という3つの池があり合わせて、
「いのちの池」と呼ばれていたそうです。
現在は、「ち」の池はありませんが、これらの池には古くからの伝説があり、
パワースポットになっています。
5.jpg
神社前の「い」の池

そして、神社裏の「の」の池
4.jpg

パワーをたくさんいただいて・・・・・・・

2011年が、皆様にとって良い年でありますように・・・・


コメント(0) 

二の酉 [行事]

酉の市は二の酉までなので、今年も、目黒大鳥神社へ行ってきました。

大鳥神社.jpg

大鳥神社は「熊手」をもって火を防いだということから、非難よけの神様と伝えられ、
江戸消防記念会が酉の市に参拝祈願されるそうで、ちょうど参拝中の江戸消防記念会に
お目にかかることができました。

江戸消防記念会.jpg

境内のあちらこちらでは、威勢のいい三本締めが・・・・・

三本締め1.jpg

シャン、シャン、シャン、 
シャン シャン、シャン、
シャン、シャン、シャン、 シャン。

三本締め.jpg

3回の拍が3回で「九」になり、もう1回手を打つと「九」に点が打たれて「丸」になり、
「丸く納まる」という意味があるそうです。







コメント(1) 

目黒大鳥神社の酉の市(二の酉) [行事]

1年経つのは早いもので、今年もまた、大鳥神社の酉の市へ
行ってきました。
b.JPG
並んで、お参りを済ませ、
a.JPG
いつものように開運熊手も買いました。
c.JPG
来年の干支の「開運トラちゃん」を購入。
愛らしい表情が何ともいえません。
e.JPG
来年もいいことがたくさんありますように・・・・・。





コメント(0) 

酉の市(二の酉) [行事]

今日は二の酉。
今年は三の酉まであるそうですが、今年もまた、目黒大鳥神社へ行って
きました。
大鳥神社.JPG
まず、1年間、福をかっ込んでくれた熊手守りを感謝を込めて収め所に
収め、参拝。
大鳥神社2.JPG
夕方だったせいか、まだ人出も少なく、にぎわいはこれからといった
ところです。
大鳥神社4.JPG
定番熊手といわれる「おかめ」が中心にあり、松、鶴などの縁起物が所狭しと
散りばめられている大きなものは、幅1mほどあり、本当に福がたくさん訪れ
そうな熊手です。
大鳥神社3.JPG
この熊手の中央の将棋の駒の「馬」という字が逆になっているのに
何故、縁起がよいか。次ようなの意味があるそうです。
本来は「人が馬を引く」。でも、この文字は馬が逆になっているから、
「馬に人が引かれる」 つまり、「馬がたくさんの人を連れて来る」と
いうことから、縁起物となっているそうです。
今年もまた、来る年の1層の幸いを願って新たな稲穂のついた熊手守りを
購入してきました。

nice!(0)  コメント(0) 

酉の市 [行事]

今日は、今年2回目の酉の市でしたので、目黒大鳥神社へ行ってきました。
大鳥神社の酉の市の起源はとても古く、浅草の酉の市と並ぶ、江戸時代に
始まったものだそうです。
大鳥神社の社名は「おおとり」は「大取」に通ずる為、宝物を大きく取り込むと
いう商売繁盛開運招福の
神様として、多くの人たちの信仰を集めているだけあり、大賑わいでした。

境内所狭しと「縁起熊手」を売る露天が並び、あちこちで売買成立の手締めが
威勢よく行われていました。

また、市を開催する神社からは、小さな竹熊手に稲穂た札をつけた「熊手守り」が
授与されます。

「熊手守り」には、小、中、大とあり、これは、大熊手守りで、1200円です。
福をかきこんでくれればありがたいのですが。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。