So-net無料ブログ作成
検索選択

遠州森町 「極楽寺」 [花]

前回の記事で、白い花の名前を教えていただいた皆様、どうもありがとうございました。
また1つ、花の名前を覚えることが出来ました。

今回は遠州森町花散歩の続きになります。
再び「遠江一宮駅」にシャトルバスで戻りると、先程は、ひっそりと静まり返っていた無人駅が、こんな状態に。
_DSC4225.jpg
なんと、皆さん、駅舎内にある手打ち蕎麦「百々や」さんの順番待ちでした。
名前を記入して待ちましたが、あと2巡しないと店内に入れそうもないので、名前を消して「極楽寺」へ先に向かうことにしました。

駅から極楽寺までは徒歩30分。
IMG_2272.JPG

入口で500円払うと
IMG_2276.JPG
今年の干支と紫陽花の絵が描かれた小さな絵馬をいただけます。

境内には30種以上、約1万3千株のアジサイが群生しており、あじさい寺として有名なお寺です。
_DSC4228.jpg
見頃には少し早かったようで、色とりどりというよりも、薄緑色のアジサイ寺といった感じでした。

712年頃、僧 行基が開山したお寺だそうです。
本堂はこの奥にあります。
IMG_2277.JPG

IMG_2280.JPG

手水舎には、アジサイが生けられています。
IMG_2284.JPG

「極楽へ 行く人の乗る紫の 雲の色なるあじさい花」
                      行 基

IMG_2287.JPG

趣のある落ち着いたお寺です。
IMG_2293.JPG

IMG_2306.JPG

アジサイを愛でた後、再び駅へと向かいました、
IMG_2314.JPG
お茶畑だけでなく、こんな景色にも出会えます。
IMG_2316.JPG

駅に到着すると静まりかえっていました。
こちらが、駅舎内の「百々や」さんです。
IMG_2320.JPG
電車の時刻が迫っていたので、残念ながらお蕎麦にはありつけませんでしたが、この写真を撮ったあと、時間をずらしてお蕎麦を食べにきたお客さんが大勢訪れました。
こんな無人駅のお蕎麦屋さんに、大勢の人が訪れるなんて、きっとお蕎麦がとっても美味しいんですね。

時間がなく、今回は花めぐりで終わってしまいましたが、遠州森町には、このほか森の石松のお墓や、香勝寺(キキョウ寺)などまだまだ見どころがたくさんあるようです。
最後に、遠州とは、京都が日本の政治の中心の頃に、貴族の間では、都に近い湖・琵琶湖、都から遠い湖・浜名湖をさして、近江(おうみ)、遠江(とおとうみ)と呼ぶ国の名になったといわれているそうです。

nice!(28)  コメント(11) 

遠州森町 「一宮 花しょうぶ園」と「小國神社」 [花]

今回は11日(日)に訪れた遠州森町の花めぐりの記事です。
この日、掛川駅から天竜浜名湖鉄道で「遠江一宮(とおとうみいちのみや)」駅へ向かいました。
一両の天浜線は、ワンマン電車で後ろから乗車して整理券を取り、降りる時に整理券と一緒に料金を払います。バスと同じ方式でした。
一面の田園風景を眺めながらコトコトと電車に揺られること30分。
_DSC4191.jpg
国の登録有形文化財に指定されている遠江一宮駅に到着しました。
_DSC4190.jpg

駅前から「小國神社」行きのシャトルバスに10分程乗って神社に向かいました。
「一宮花しょうぶ園」は小國神社の鳥居の西側にあります。
入園料300円を払って中に入ると
_DSC4195.jpg
1200坪の園内に約130種、40万本の花しょうぶが植えられていました。

曇り空の下では、しょうぶの花がより美しさを増します。
IMG_2249.JPG

_DSC4201.jpg

IMG_2238.JPG
花しょうぶを鑑賞したあとは、「遠江國一宮 小國神社」へ。

IMG_2230.JPG
参道の両側には樹齢数百年の老杉が茂り、「古代の森」と言われているのがわかります。
歩いて行くと左側に「事待池」がありました。
IMG_2254.JPG
立札の説明は
本社に詣で願掛けをして心願成就すれば池に鯉を放つので「ことまち池」という。また、水を汲み「いぼ」につけると「いぼ」がとれるというので「いぼとり池」ともいう。
ということでした。
何とも神秘的です。

さらに進んでいくと、御神木「大杉」の根株があります。
IMG_2258.JPG
屋根の上には名前はわかりませんが、花が咲いています。
IMG_2259.JPG
そして、しめ縄をよく見るとたくさんのお賽銭が挟まれていました。
_DSC4216.jpg

さらに奥へ行くと、鳥居が見え
IMG_2260.JPG
奥、正面に社殿がありました。
IMG_2262.JPG
1400年の歴史をもつ小國神社の御祭神は「大己貴命」で別名「だいこく様」です。
_DSC4221.jpg

パワースポットを感じながらの参拝の後は、神社入口の鳥居の横にある、お土産屋さんや休憩所のある「小國ことまち横丁」でアイスクリーム休憩です。
IMG_2264.JPG
森町はお茶の産地なので、もちろん緑茶です。
甘さの中にふわっとお茶の軽い苦みが広がり、美味しいソフトクリームでした。

小國神社の境内を流れる宮川沿いには約1000本のモミジがあり、秋は紅葉の名所になっており、多くの人が訪れるとのことです。
次の目的地「極楽寺」へ行く為、この後、シャトルバスで再び、遠江一宮駅へ戻りました。

nice!(23)  コメント(8) 

本勝寺(掛川市)のアジサイ [花]

一昨日の10日(土)の午後は、掛川駅からバスで40分、車だと駅から20分程のところにある花のお寺「本勝寺」へ。
貞和元年(1345年)に創建された本勝寺のお寺の入口で、マキとナギを植えた緑の山門が出迎えてくれました。
IMG_2209.JPG
この珍しい山門は静岡県天然記念物に指定されています。

こちらは男道参道。古い石段には紫陽花の花が良く似合います。
IMG_2159.JPG
女ですが登ってみました。
石段上の小高い丘からの遠州の景色も素晴らしかったです。

境内には、6800坪の敷地に70種1万株の紫陽花が植えられているそうで、紫、青、ピンクなど色とりどりの花を見ることができます。
坂の途中からも紫陽花がたくさん望めます。
IMG_2183.JPG

IMG_2160.JPG

IMG_2170.JPG

雨も降らず曇りもせず、カンカン照りでしたが、それでも紫陽花はきれいです。
IMG_2176.JPG

IMG_2181.JPG

たくさんの紫陽花の中、咲いていた鮮やかな色の赤いユリがひときわ目立っていました。
IMG_2180.JPG

そして、あちらこちらに七福神も。紫陽花を楽しみながら七福神めぐりができるのです。
IMG_2192.JPG
こちらは福禄寿です。

タチアオイの色もとても鮮やかです。
IMG_2212.JPG

_DSC4177.jpg
この日は土曜日でしたので次から次へと参拝客が訪れていました。とは言っても、写真からもお分かりいただけるように鎌倉のような混雑ではありませんので、ゆっくりと紫陽花を楽しみながら撮影することができました。

この時期にだけ美味しい手打ち蕎麦が食べられる「地蔵庵」がお寺の中にあったのですが、訪れた時間が遅く、おそばを食べることができませんでした。残念!

境内には、たくさんの鉢植えのハスやスイレンが次の出番を待っていました。
_DSC4176.jpg

nice!(23)  コメント(10) 

世界最大級のバラ園その2 [花]

今回は「花フェスタ記念公園」内のバラ園の続きです。
バラロードを2分程歩くと「世界のバラ園」ゾーンに着きます。
入口右側には「美しい赤い庭」が広がっていました。
IMG_2015.JPG
真紅のバラを主役にしたガーデンだそうです。

さらに進んでいくと
IMG_2047.JPG
2万5千㎡の庭に植えられた世界各国で生まれた色とりどりのバラたちが迎えてくれます。
イギリスフランス、ドイツ、アメリカ、日本のバラ、国別にバラを鑑賞することができます。
色、形、香りも様々。ため息がでるほどの美しさです。

世界のバラ園の奥には
IMG_2024.JPG
「ターシャの庭」がありました。
アメリカの人気絵本作家でガーデナーのターシャ・チューダさんに憧れて造った「日本版ターシャの庭」だそうです。

ターシャの家
_DSC4027a.jpg

_DSC4028a.jpg

中に入ると飾り棚の中には
IMG_2031.JPG

IMG_2034.JPG
ターシャさんが実際に使用していたという鍋つかみや裁縫道具なども展示されていました。

IMG_2038.JPG

IMG_2046.JPG

花フェスタ記念公園はバラ園のほか、音楽広場、大きな池のある水の広場、語らいの広場、大温室などなどのゾーンがあり、この時期以外にも四季折々の花を楽しむことができます。
園内には
IMG_1931.JPG
ロードトレインポッポが走っていますが、とても大きな公園で、一日では、とても回り切れないようです。

閉園近くまで世界最大級のバラ園にを楽しんだ後、名鉄特急で名古屋へと戻りました。
ホテルでのチェックイン後、夕食をとるために外出。
名古屋に来たら「なごやめし」でしょう。ということで「ひつまぶし」を食べることにしました。

「まるや本店」へ行くと、たくさんの人が並んでいました。
椅子に腰かけて順番待ちをしていると、途中で店員さんが冷たいお茶を全員に配ってくださいました。
サービスのいいお店です。
並び始めてから1時間20分後、やっと店内に入ることができました。
そうです。1時間20分というのは、のぞみで新横浜まで帰れる時間です。
よく並んだと自分を褒めてあげました。

こちらが「まるや本店」のひつまぶしです。
IMG_2053.JPG

IMG_2054.JPG
香ばしくてとても美味しいひつまぶしでした。

翌日は愛知県半田市へと向かいました。
次回は「半田散策」の記事をアップしたいと思います。

nice!(23)  コメント(8) 

世界最大級のバラ園その1 [花]

バラの花が、岐阜では見頃を迎えているというので、一昨日の28日(日)は、岐阜の「花フェスタ記念公園」へ。
名古屋から名鉄特急で新可児(しんかに)駅まで約1時間。新可児駅から車でおよそ10分程のところにあります。

_DSC3990a.jpg

まずは、色や香りをテーマにした庭園など17のテーマの庭からなる「テーマガーデン」を鑑賞。
広さは約5万㎡。約5000品種のバラを見ることができます。

IMG_1912.JPG

_DSC3937a.jpg

IMG_1946.JPG

こちらはアンネのバラ園
_DSC3944a.jpg
アンネフランクの像と一緒にオレンジ色のバラが植えられています。

園内のバラはちょうど見頃を迎えていました。
IMG_1948.JPG

IMG_1952.JPG

香りに包まれながら、たくさんのバラを楽しめます。
IMG_1957.JPG

IMG_1970.JPG

IMG_1979.JPG

IMG_1984.JPG

広い園内を歩き疲れたので、カフェアイスコーヒーをオーダーすると
IMG_2001.JPG
可愛いクッキーが付いてきました。

休憩後、バラのテーマガーデンを後に、世界のバラ園方向へバラロードを歩いていくと
IMG_2012.JPG

IMG_2014.JPG
バラの生花で作ったオブジェがたくさん並んでいました。

次回は世界のバラ園をご紹介したいと思います。

nice!(25)  コメント(8) 

港北オープンガーデン訪問 [花]

先週、14日(日)は港北オープンガーデンにエントリーしていらっしゃる個人邸にお邪魔させていただきました。。
このオープンガーデン、5月は12日から14日までの3日間限定で、横浜市港北区が開催しています。
こちらが今回お邪魔させていただいたお宅です。
IMG_1856.JPG
バラ一のフェンスのお宅に期待が膨らみます。

IMG_1898.JPG

門の中に入れていただき、玄関先の芝生のお庭のバラを見せていただきます。
IMG_1867.JPG
10種類ほどの色とりどりの美しいバラの花が迎えてくれました。

その後、今度はお家の裏庭へ。
裏庭に入れていただくと・・そこはローズガーデンでした。。
IMG_1891.JPG
こんな素敵なお庭をタダで見せていただけるなんて申し訳ないくらいです。

バラの香りに包まれながら、いろいろな種類のバラを楽しむことができます。
IMG_1892.JPG

お庭では約120本のバラが見頃を迎えていました。
IMG_1888.JPG

IMG_1886.JPG

バラの好きな方たちが、次から次へと訪れてきます。
IMG_1868.JPG

IMG_1883.JPG

お庭のバラを育てていらっしゃる方は、横浜高島屋で今週19日から始まるバラ展にバラを出展するそうです。
幸せな気分にさせていただいたお家の方にお礼を申し上げ、バラのお宅をあとにしました。

nice!(36)  コメント(11) 

県立三ツ池公園の八重桜 [花]

横浜の最高気温は25℃。日陰を探したくなる暑さです。
今日は「さくら100選」に選ばれている神奈川県立三ツ池公園へ散策に。
ソメイヨシノ満開時は花見客でいっぱいの公園も、今日は普段の公園に戻った様子です。
IMG_1847.JPG

ソメイヨシノの花びら舞う中、池の周りを歩いていきます。
IMG_1815.JPG

園内では八重桜が咲き始めています。
八重桜も大好きなので毎年訪れます。
IMG_1792.JPG
鬱金ウコン)は淡い緑色の花びらがとても綺麗です。

IMG_1805.JPG

IMG_1836.JPG

IMG_1855.JPG

うつむき加減に咲く八重桜は、花びらのグラデーションや形がとても美しい花です。
園内に20種類位ある八重桜には名札もかけてありますので、普段お目にかかれない八重桜に会えるかもしれません。

nice!(32)  コメント(11) 

桜満開の三島大社 [花]

20度を超えた昨日、12日は三島大社へ。
静岡はこの日、ちょうど桜の満開日。晴天のお花見日和となりました。
大鳥居をくぐると神池があります。
IMG_1602.JPG

神池の周りには枝垂桜やソメイヨシノが満開を迎え、とてもきれいでした。
IMG_1610.JPG

赤い橋の先には厳島神社が鎮座しています。
IMG_1693.JPG

IMG_1767.JPG
きれいな桜をゆっくり時間をかけて愛でていきます。

八重の枝垂桜は花びらが多い分、ピンク色が濃くてきれいです。
IMG_1669.JPG

総門へ向かう道も枝垂桜のトンネルです。
IMG_1615.JPG

総門をくぐるとソメイヨシノと三島桜のトンネルへと変わります。
IMG_1638.JPG
札がかけられていないので、どの木が三島桜なのか、わかりませんでした

こちらは、矢田部式部盛治(やたべしきぶもりはる)氏の銅像です。
IMG_1650.JPG

一番奥が本殿です。お正月でないのに、並んで順番に参拝しました。
IMG_1647.JPG

今回は、三島大社の縁起餅「福太郎」を食べて三島大社を後にしたかったので、境内にある福太郎茶屋でいただくことに。
IMG_1755.JPG
日本茶とお餅2個で200円です。
「福太郎」は、こしあんでくるんだ草餅です。
お餅は草餅で違いますが、赤福に似た感じでしょうか。
さっぱりした甘みでとても美味しいお餅でした。

この日の三島は22℃。汗ばむほどの陽気でした。
帰る頃の境内は、さらに桜色が濃くなっていました。
IMG_1662.JPG
一部咲きの八重桜が次の出番を待っていました。

nice!(31)  コメント(8) 

江川せせらぎ緑道の桜 [花]

桜満開の今日は、小雨降る中、江川せせらぎ緑道(横浜市都筑区)へ。
IMG_1566.JPG

第三京浜港北インター近くに位置する1.5kmの緑道です。
IMG_1433.JPG

桜とチューリップで有名な緑道です。
IMG_1436.JPG

美しい桜のトンネルを通りながら、かわいいチューリップを眺めて歩きます。
IMG_1453.JPG

緑道の両側に植えられた200本の桜は満開でした。
IMG_1479.JPG

晴れの日ばかりではなく、雨に濡れたしっとりした姿も美しいものです。
IMG_1529.JPG

今日は花見客も少なく、ひっそりと静まり返っています。
IMG_1481.JPG

1万5千本のチューリップは、地元の自治会の方と中学生で植えてくださったそうです。
IMG_1520.JPG
毎年楽しませていただき感謝です。

IMG_1545.JPG

時折吹く風に花びらが舞い散り、ソメイヨシノは終わりを告げているようです。
IMG_1524.JPG

nice!(30)  コメント(12) 

横浜公園のチューリップ [花]

今年一番の暖かな今日は、チューリップの様子を見に横浜公園へ。
チューリップ祭りは明後日から9日(日)の3日間。
日当たりの良い植え込みは元気に花を咲かせていました。
IMG_1403.JPG
チューリップの絨毯が見られるのは、全体の2部くらいでしょうか。

色とりどりのチューリップはとてもきれいです。
IMG_1389.JPG

IMG_1371.JPG

スタジアムドリームゲートが今日は開いていました。
IMG_1375.JPG

こちらのゲートから、選手のバッティングの練習風景を見ることができます。
普段は並ぶのでしょう。でも今日は、誰もいなかったので、係員に申し出て即、ゆっくりと見学&撮影できました。
IMG_1367.JPG
といっても、超望遠でないとよくわかりませんね。
昨日負けたベイスターズ、今日は巨人に勝ってほしいものです。

奥にある花の種類別に植えられた花壇のチューリップはこんな感じです。
IMG_1383.JPG

名札がありますが、とても覚えきれません。
IMG_1385.JPG

このコンテナ横浜緋桜と前回ご紹介した新品種のチューリップです。
IMG_1409.JPG

IMG_1413.JPG

nice!(27)  コメント(8) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。